スポンサードリンク

こんにちわ。管理人のSHOTA(@favor)です♪

 

30代になって直面する様々な悩み…

 

そんな悩みの中でも特に気になってくるのが

 

【髪への悩み】

 

年齢と共にヘアスタイルが決まらなくなってきた…

 

白髪が生えてきた…

 

など20代の頃には気にもならなかった

 

髪の悩みや疑問に髪のプロでもある僕が

 

Q&A方式で、解決していきます☆

 

悩んでモヤモヤしていきた気持ちをすっきりさせて

 

理想のヘアスタイルを楽しんでいきましょう♪

 

それでは早速見ていきましょう

 

髪にまつわる小さくて大きな悩みQ&A

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

髪の悩み

アホ毛がすごい
グリースならピタッとおさまります

 

補足もともと髪が細かったり年を重ねて髪が痩せたりで、切れてしまったものが『アホ毛』。

解決方法としては、グリースやハードワックスを薄く
手に平にのばしてから、気になるところになでつけるのがおすすめ。

 

こちらがオススメ

 

抜け毛が多くなったような…
季節の変わり目は抜け毛が増加
補足動物の髪が生まれ変わるみたいに、人間も季節の変わり目になると自然と抜け毛が増えます。 あまり気にしないようにしましょう!!
ただし、偏食や睡眠不足などで毛穴が詰まって髪が抜けやすくなる場合もあるので生活習慣が乱れがちの方は要注意!!
10円ハゲができた
早めに病院で診察を受けて
補足男性よりも女性のほうが円形脱毛症になりやすい傾向があります。 もし、10円ハゲに気づいたら早めの病院に行くのが安心です。
病院で注射をしたら髪が生えてきた方もいるので、
気にしすぎずにストレスをためないように心がけていきましょう。
白髪は抜いてもいい??
抜いちゃダメ。白髪染めがラク。
補足白髪を抜くと毛根が死んで2度と生えてこなくなる可能性が。目立つところに白髪が生えてきたら、染めちゃうほうが楽です。
根元が伸びるまでは白髪の存在を忘れられるし、根元だけを常に染めるようにすれば髪への痛みも心配することなく染められますよ♪
・白髪をおしゃれカラーで隠す方法はこちらの記事も参考に
てっぺんが薄くなった…?
マッサージ、分け目を変える、パーマで対処。
補足えりあし付近は血流が良く髪が伸びやすいのに比べて頭頂部は毛細血管しかないため薄くなりやすい。
なので下から上へ血をもっていくイメージでマッサージをするとボリュームが出やすくなります。 他には、いつもと違うところで髪を分けて根元の髪を起こすとか、パーマでボリュームを出すのも有効です。
・パーマで解決させるならこちらの記事も参考に
髪早く伸ばす方法は?
ブラッシングで頭皮を健康に
補足はっきりわかるほど早く、というのは難しいですが、頭皮の環境を整えることで、髪の成長を促すことはできると思います☆
方法としてはブラッシングやマッサージで頭皮を刺激する。タンパク質を積極的に摂る。育毛剤を使う。 など、髪にはストレスも含め生活が出やすいので生活を整えることが大事です。

ヘアケアの悩み

カラーリングが抜けて黄ばみやすい
黄みにはムラシャン!
補足カラーが抜けて黄みが出るのが気になるなら、
ムラサキシャンプーを使いましょう☆
ブリーチしていない髪でカラーをしている方にも効果があります。
こちらがオススメ
・カラーの色持ちが劇的にアップする参考記事
モワッとしてまとまらない
"内側保湿”アイテムが効果的
補足乾燥やダメージのほかに、人によっては加齢による、髪質の変化でクセが出ることも。
こういう場合は髪の内側にうるおいを補給してくれるアイテムを使うとかなりまとまりやすくなります。
オイルをたっぷりつけてもパサつく
傷んだ髪にはオイルよりミルク!!
補足傷んだ髪や硬くてクセのある髪は、表面をコートするオイルよりも補修力が高くて柔らかさやしっとり感が出るミルクがオススメ。 逆にオイルは、クセがなくても健康的な髪の人に向いてます☆
髪のためにオーガニックを選ぶべき?
効果を求めるならケミカルを
補足カラーやパーマをしている場合、オーガニックでは髪の悩みをカバーしきれないことが。
今ある悩みに対してハッキリした効果を求めるなら、ケミカルなアイテムの方が満足できると思います☆ オーガニックは地肌が弱いとか、カラーやパーマのダメージがないとか、長期的なスパンで髪を健康したい人におすすめです。
髪がやたらと絡まる。
洗う前のトリートメントが効果的
補足キューティクルが乱れているのが原因。
でもオイルなどで、表面をコートするだけでは持ちが悪いので内側をケアすることを忘れずに。
おすすめはシャンプー前のトリートメント。
トリートメントをなじませたまま髪を洗うと"栄養分たっぷりのシャンプーになって、髪の内部がしっかり補修されて、指通りが格段によくなります。

ヘアスタイルの悩み

パーマがきれいに出ない
強風はNG。自然乾燥or微風で!
補足乾かし方が大事。強風で乾かすとパーマがダレてしまいます。
ナチュラルドライ、または根元から微風をあてれば、
パーマのニュスンスがキレイに出ますよ☆

 

 

肩にハネるのをどうにかしたい
むしろ生かしてみては??
補足内側の髪を少し短く切ると、毛先が自然に内に入って収まりよくなります。でも、オシャレさを求めるなら
ランダムな動きスタイルをつけたり、外ハネスタイルにしたり、ハネを生かしちゃうのもアリですよ!!

 

 

 

 

 

とりあえず持っておくといいスタイリング剤は?
オイルワックスが万能
補足まず1個買うなら、どのレングスにも使えて今っぽい、セミウェットな質感が簡単につけられる、天然素材のオイルワックスがおすすめです。 子供が触っても大丈夫なのでママさんにも安心だし、
ツヤメイクをする時に眉につけても可愛いですよ☆
直毛の人は少しテクスチャーが硬いバター系ワックスを使ってみましょう!!
前髪って何歳までOK?
ヌケ感さえあれば何歳でも!
補足重すぎる、前髪は若作りっぽく見えてしまいますが、毛先をぼかしたり、隙間をつくったりしてヌケ感を出せば、何歳でも問題ありません!!
・30代向け、前髪に関する記事はこちらも参考に

 

 

 

巻いてもすぐとれちゃう
スタイリング剤をちゃんと使おう
補足巻く前にカールローションをつけるに限る!!
ニュアンスをキープしたいなら、定番だけど、やっぱりちゃんと巻き用のアイテムを使うことが大事です。 どうしてもカール剤を使いたくないなら、ベースにゆるくコスメパーマをかけるのもオススメです☆
カラーとパーマは同時にしてもいいの?
時と場合によります
補足パーマ→カラーだとパーマがダレやすく、
カラー→パーマだと色が落ちやすいデメリットが。
髪の状態によっては同時にできない場合もあるので、美容師さんの判断に任せるのが安心です。

 

 

 

つむじが変な位置にある
カットやカラーでカモフラ!
補足つむじが通常より横や下にある人は、そこで髪が割れてスタイルがまとまりにくくなりがち。
つむじの位置を変えることはできないので、表面にレイヤーを入れるとか、ハイライトを入れるとか、高い位置からパーマをかけるなど、ごまかす方向で対処をしていきましょう☆

 

まとめ

自分に当てはまる悩みは見つかりましたか??

 

・髪の悩み

 

・ヘアケアの悩み

 

・ヘアスタイルの悩み

 

と3つのカテゴリーに分け、それぞれもっとも悩まれることが多い疑問を僕なりに解決ポイントを交えて、お伝えしました☆

 

・必要なアイテムを使って解決する場合

 

・美容師さんにお願いして解決する場合

 

・日々の生活の中で改善していく場合

 

とそれぞれ解決策が変わってきますが、何をしなければいけないか…が分かれば自分でも取り組みやすいですよね!?

 

今回は悩みを実際に行動して解決していく為のポイントを解説してみましたので、

ぜひ!30代もヘアスタイルを存分に楽しむために、悩みを笑顔に変えていきましょう♪

 

 

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサードリンク